東京 薬剤師 求人 病院

東京 薬剤師 求人 病院を探すならこの求人サイト!

このサイトでは、東京で病院薬剤師の求人を探す時に登録しておいた方が良い薬剤師専門の求人サイトを紹介しています。

 

 

東京の場合、関東圏の病院も含めると病院の数がかなり多いです。
ですから、自分ではこの求人いいな〜♪と思っていても、実はもっと良い求人を逃している
という事が結構良くあるようです。

 

 

また、他に良くあるパターンとしては、似たような条件の病院が見つかったがどれを選んでよいか
分からないというパターンもあります。これも、病院の事を良く知っているキャリアコンサルタントに聞くことで
自分の適性にあった病院を選ぶことができると思います。

 

 

薬剤師の求人サイトに幾つくらい登録したらよいのか?という疑問を持つ方は多いようですが、
コンサルタントも人なので、自分に合う合わないがあると思います。ですから、2,3社は登録して
自分が信用できるコンサルタントと一緒に協力して職場を見つけるのが個人的には良いと思いますね。

 

 


東京 薬剤師 求人 病院に役立つ薬剤師専門転職支援会社ベスト3

薬キャリ by m3.com


東京の病院薬剤師のの求人を探している方に一番良いと思うのは 薬キャリ by m3.comです。

 

薬キャリ by m3.comは、東証一部上場のエムスリーグループが運営する日本で最大級の薬剤師転職支援サイトの一つです。
このグループは、医師の転職などにも強いので、医療業界と太いパイプを持っているのが強みですね。

 

 

薬キャリ by m3.comの特徴を紹介します。

 

・全国の優良のキャリアコンサルタント20社の薬剤師求人を一括で検索することができ探せる求人数が他とはけた違いに多いです。
・地域ごとの専門コンサルタントがおり、入職後の満足度が96.3%と高いです。
・高額給与や、福利厚生の充実などですぐに一杯になってしまう非公開求人の案件数が多い。
・入社までのスピードが速い。他社と比べて入職までのスピードが速いです。
 もし職場探しを急いでいるならとても良いですよね。
・専任コンサルタントの満足が97%と高い。

 

公式ページには、現在紹介可能な東京の病院やドラッグストアの法人名や、実際に担当するコンサルタントの顔写真などが紹介されています。

 

非公開求人が閲覧できる無料登録は20秒ほどで完了するので一度見てみると良いと思います。

 

>>m3.com Pharmacist(エムスリーキャリア)の詳細はこちら

 

 

マイナビ薬剤師

2番目に良いと思うのは、マイナビ薬剤師です。
マイナビ薬剤師を運営するのは、一般学生の就職でもおなじみのマイナビグループが運営する
薬剤師専門の転職支援サービスです。

 

大手が運営しているという安心感と、培ったノウハウもあるので、利用した方の満足度が94.6%と
とても高い数字になっています。

 

マイナビの場合、地方にも支店がたくさんあるので、地方の方もしっかりと面談をして
東京の病院を探すことができるので、その点も人気が高いです。

 

住んでいる地方に支店がない場合は、電話で話すか、遠くまで出かけることになるので、
地域の人はマイナビを検討してもよいかもしれないですね。

 

病院薬剤師求人では、勤務地や勤務スタイルなどを専任のコンサルタントと相談して最適の求人を紹介してくれることが特徴です

 

利用者の声を一部紹介します。

 

転職が半年先だったが、素早い対応をしてもらい気持ちが良かった。(20代、男性)
・自分で薬局の場所や条件を調べなくても情報を提供してもらえることで
思っていたよりも簡単に転職することができた。(40代女性)
・面接のアドバイスなどが的確で初めての転職だったが、不安なく受けることができ良かった(30代女性)

 

1分間ほどで、無料登録をすると、好条件の非公開求人が見れるようになります。また、職務経歴書の書き方などを
専任コンサルタントから教えてもらえるので、登録すると良いと思いますよ。

 

>>マイナビ薬剤師の詳細はこちら

 

ヤクステ(薬剤師ステーション)

1年以内の離職率が1%未満とマッチング力が高い転職サイトとして人気なのは、ヤクステ(薬剤師ステーションです)

 

いろいろな事情があって転職するわけですが、思い描いていた転職先と自分のイメージが異なり
また転職するというパターンがないわけではありません。

 

しかし、ヤクステは、有望な非公開求人と一人一人に合ったコンサルティング、転職した後も不安や気になることをサポートしてくれるサポートに力を入れているおかげで、離職率が他社と比べても低い水準になっています。

 

ヤクステの運営会社のグローアップの社長は、元は外資系のヘッドハンティング会社にいたという経験もあるそうですからその辺りの経験が生かされているのだと思います。

 

スカイプ面談などを使って、好きな時間にキャリアカウンセリングを受けることができるのはまずは、無料登録をすると良いでしょう。
登録は30秒ほどで完了します。

 

>>ヤクステ(薬剤師ステーション)の詳細はこちら

 

 

転職する時に注意したいこと(就業規則について)

薬剤師さんが転職を考えた時は、当然次の職場探しをします。そんな時は、ハローワークより情報が早い転職サイトの活用をお勧めします。また、登録してあることで、優良な職場からのオファーがある可能性もありますから、ぜひ、登録しておくことをお勧めします。
それと同時に円満退職ができる状況作りをしてください。そのためには就業規則をチェックして、マナー違反なことをしないようにしてください。そして気持ちよく退職して次の職場へと進んでください。

 

就業規則は、会社と従業員とのトラブルを防ぐためにあります。そして、退職をするときの注意点も書かれていますからしっかり読んでください。
ただ、就業規則は従業員個人に渡されているところは少ないです。10人以上の職場には就業規則の作成が法律で義務づけられていますが、個人の商店などではほとんど存在しないのが実情です。

 

多くの会社にはある就業規則ですが、会社にしか置いてないとなると、不審に思われるので、それを見せてもらうのも勇気がいります。
多くの会社では、退職届は1か月前に届けるようにとなっています。従って、1か月前に届を出して、それから就業規則を読んで辞める準備をしても間に合うはずですから、まずはそちらを先にお勧めします。

 

大事なのは、だれに退職を先に報告するかですから、そこを間違えると今までの人間関係にひびが入ってしまいます。可能な限り円満退職できる状況を作ってください。「立つ鳥跡を濁さず」です。

 

ドラッグストアでの仕事も意外とよいかも・・・

 

病院での勤務にこだわらない場合はドラッグストアでの仕事も
良いと思います。給料的にも病院よりも高い場合もありますしね。

 

薬剤師さんの中でもドラッグストアの薬剤師は、かかりつけの薬剤師といった存在で地域の人と密にかかわる大切な存在です。

 

仕事としては、服薬指導や健康相談が中心になり、サプリメントや化粧品についても相談を受けることが多いです。したがって、接客が好きな人が向いています。

 

また、店舗の経営や、マネジメントにもかかわることになるので、その辺りにやりがいを感じることができるかも大事だと思います。
病院の中にいると、経営や接客という視点が少なくなりがちなので、この辺りが好きかどうか自分に問いかけてみると良いですね。

 

私は、接客とか苦手かなと思ったのですが、実際にやりだすと楽しかったので、
転職してよかったと思いました。あと、病院勤務にはない視野の広がる感じが良かったです。